過払い金の仕組みとは

金融業者から借り入れを行った場合、必ず利息が付くのは理解できるはずです。この金利を払い過ぎているのなら、当然返してもらうことができます。そもそも、払い過ぎてしまっている理由としては、法改正が行われるまで、当たり前のようにグレーゾーン金利を取り続けた金融業者の存在です。今までは利息制限法の上限金利は超過した場合でも、刑事罰で罰せられることはありませんでした。ただ、出資法の上限金利を超過すると刑事罰で罰せられます。この矛盾から発生したのが過払い金です。

過払い金が発生するかどうかは、法改正以前に借り入れを行っていたかどうかとなります。法改正以降で借り入れを行っていた場合は、過払い金はないと考えて問題ありません。現在も返済が続いているのなら、法改正以前の契約もチェックしないといけないといえます。注意点としては、過払い金請求の時効は最後の取引から10年という点です。ここ10年以内で法改正以前に借り入れを行っていたのなら、過払い金が発生している可能性は大いにあるといえるでしょう。

取引履歴を受け取ったとしても計算する必要があるものの、全て専門家である弁護士に任せれば全く問題ありません。これは完済している場合にしても該当する話です。完済をしているから関係ないとするのは大きな間違いとなります。

Pocket

借金と過払い金

多くの方は過払い金という言葉をご存知でしょう。CMで見聞きしたという方も非常に多いのは間違いありません。しかし、この過払い金とは一体どういったものであるのかを正確に把握している方はそう多くはないでしょう。過払い金とは出資法と利息制限法の金利の差額分のことです。支払う必要がなかった分であるからこそ、当然ながら払い戻しをしてもらう権利があります。今まで金融業者から借金をし、そして返済をしていた分の中には支払う必要がなかった分がある可能性は大いにあるのが事実です。

年率で借り入れ10万円未満の場合で20%、借り入れが10万円以上で100万円未満の場合は18%、100万円以上だと15%が利息制限法の上限となります。しかし、実際には多くの金融業者が出資法の利息29.2%で契約をしていたのが事実です。となると、返済期間が長くなればそれだけ過払い金が発生する可能性が高まるのは理解できるでしょう。

過払い金があるかどうかについては、取引履歴を見ればすぐに分かります。ただ、個人で調べるのはあまり現実的ではありません。これは金融業者の協力を得られない場合もあるからです。だからこそ、専門家である弁護士に依頼をして対応するのが望ましいといえるでしょう。

当サイトでは過払い金請求について詳しく解説しています。ご自身の認識の中で過払い金があると考えるのなら特に注目した方が良いでしょう。過払い金があるかどうかによって人生が変わる場合もあるものです。特に長期に亘って借金をしているのなら、その可能性はさらに高まります。

Pocket