過払い金の仕組みとは

金融業者から借り入れを行った場合、必ず利息が付くのは理解できるはずです。この金利を払い過ぎているのなら、当然返してもらうことができます。そもそも、払い過ぎてしまっている理由としては、法改正が行われるまで、当たり前のようにグレーゾーン金利を取り続けた金融業者の存在です。今までは利息制限法の上限金利は超過した場合でも、刑事罰で罰せられることはありませんでした。ただ、出資法の上限金利を超過すると刑事罰で罰せられます。この矛盾から発生したのが過払い金です。

過払い金が発生するかどうかは、法改正以前に借り入れを行っていたかどうかとなります。法改正以降で借り入れを行っていた場合は、過払い金はないと考えて問題ありません。現在も返済が続いているのなら、法改正以前の契約もチェックしないといけないといえます。注意点としては、過払い金請求の時効は最後の取引から10年という点です。ここ10年以内で法改正以前に借り入れを行っていたのなら、過払い金が発生している可能性は大いにあるといえるでしょう。

取引履歴を受け取ったとしても計算する必要があるものの、全て専門家である弁護士に任せれば全く問題ありません。これは完済している場合にしても該当する話です。完済をしているから関係ないとするのは大きな間違いとなります。

Pocket